姓名判断の「五格」

日本に数多くある占いの中に、「姓名判断」という占いがあります。
姓名判断とは、ある人の姓名(苗字と名前)の画数からその人の運勢を判断する占いです。非常に分かり易い占いですが、奥が深いため多くの人に信頼されています。芸能人の中には、姓名判断に従って改名する人もいるほどです。
そんな姓名判断ですが、今ではインターネット上にたくさんの無料姓名判断サイトがあります。自分の苗字と名前を入力するだけで、その文字の画数から運勢を自動的に診断してくれるのです。
多くのサイトでは姓名判断の「五格」に対する説明も付記されていますが、以下で「五格」の概念を紹介しておきます。

・総格

姓名の総画数を「総格」といいます。「総画数(そうかくすう)」だから「総格(そうかく)」です。
自分の姓名に含まれる全ての文字の画数を足した値ですから、総格が示すのは「人生の全体運」です。人生が安泰なのか波乱に満ちているのか、総格により分かります。
ただ、若い頃は「地格」、「人格」、「外格」の影響が強く出るため、特に総格は人生の晩年において強く影響が見えるとされています。

・天格

苗字(姓)の総画数を「天格」と言います。「姓名の上部」つまり「天」の総画数なので「天格」です。
人は結婚・離婚などの大きなライフイベントが無い限り、苗字が変わる事はありません。つまり天格が示すのは、「その苗字を名乗る上で抗えない家系の宿命」になります。
天格は先祖代々、その姓を名乗る人達が背負ってきた宿命なので、はっきり言ってコントロールしようがありません。天格が「凶」の場合は、他の五格によって不幸を除くようにしましょう。

・地格

名前(名)の総画数を「地格」と言います。「姓名の下部」つまり「地」の総画数なので「地格」です。
地格が示すのは、「その名前で呼ばれるうちに、未成年期に培われる知力・体力などの素質」になります。ですから赤ちゃんの名付けなどの際に、この「地格」を気にされる親御さんが多いです。

・人格

人格の計算方法は少し複雑で、「苗字の最後の文字の画数」と「名前の最初の文字の画数」を足したものになります。
人格が何故そのように計算されるか、を考える時、名刺を思い浮かべると分かり易いです。名刺において「苗字の最後の文字」と「名前の最初の文字」は姓名の中心に来ます。なので人格は、「社会人としての才能、対人関係」を表すとされています。

・外格

外格の計算方法は、サイトによって異なります。必ずその計算方法を確認しましょう。「霊数」が自分の姓名に付加されるサイトの場合、そのサイトが信用できるかどうか「直感で」判断しましょう。
外格は、人の外、つまりは周囲からのその人への影響を表しています。家庭環境や職場環境、病気のかかり易さなどが分かるとされています。