無料姓名判断サイトの仕組みとは

赤ちゃんが生まれて来た時、家族が増えた家庭では幸せな空気が家を包みます。
特に親御さんにとっては本当に、赤ちゃんはかけがえのない宝物でしょう。そんな大切な赤ちゃんですが、さて、名前はどうやって決めましょう。
親としてはやはり、親としての子に対する思い・願いを名前に込めたいですよね。しかしその思い・願いが強過ぎると、子供にとってあまり良くない名前が付いてしまう恐れがあります。子供の名前というのは、その子の人生を左右する非常に重要なものです。
今インターネット上には、多くの無料姓名判断サイトがあります。そういったサイトを利用して、子供に幸せな名前を付けてあげたいものです。
そもそも姓名判断とは、ある人の姓(苗字)と名(名前)からその人の運勢を占う占いです。一般に、姓名判断では以下のような手順で占いを進めます。

1:姓名を構成する文字の画数を算出する

日本人の場合、姓名に使われる文字の多くは漢字です。もちろん、ひらがなやカタカナでも問題ありませんが、姓名判断は漢字を基準とした占いです。
姓名判断ではまず、姓名を構成する全ての文字の画数を算出します。例えば「田中太郎」さんの場合、以下のようになります。

田:5画
中:4画
太:4画
郎:9画

2:「五格」を算出する

姓名判断では、以下の「五格」を基に運勢を占います。

総格:姓名の総画数。人生の総合運を表す。
天格:苗字の総画数。家系の宿命を表す。
地格:名前の総画数。未成年期の素質を表す。
人格:苗字の最後の文字の画数と、名前の最初の文字の画数の和。社会人としての才能・対人関係を表す。
外格:一般的には総格から人格を引いたもの。生活環境の質を表す。

実際に「田中太郎」さんで「五格」を算出すると、以下のようになります。

総格:5+4+4+9=22
天格:5+4=9
地格:4+9=13
人格:4+4=8
外格:22-8=14

3:数字から吉凶を判断する

姓名判断においては、数字に対して「大吉」、「吉」、「半吉」、「凶」の運勢が付いてくるとされています。上記の五格の場合、以下のように吉凶が判断されます。

総格:22(凶)
天格:9(凶)
地格:13(吉)
人格:8(吉)
外格:14(凶)

4:数字ごとの詳細な運勢を見る

さらに姓名判断では、各数字に対して五格ごとに詳細な運勢が定まっています。吉凶はあくまで目安なので、最終的な占い結果は詳細な運勢によります。

以上が、姓名判断における占いの手順です。上記の通りにやれば正しい姓名判断になるため、上記の手順を自動的にシステム化した無料姓名判断サイトが多くあるわけです。
上記の手順に従っていれば、無料姓名判断サイトでも十分な信憑性があります。どうぞ安心してご利用ください。